神戸市東灘区(甲南山手) 内科・循環器内科 高血圧・糖尿病・高脂血症・心不全


つじもと内科・循環器科

禁煙治療でタバコを止めましょう

禁煙の弊害はすでに言い尽くされている感があります。即ち喫煙を続けていると、肺がんを初めとした、がんに罹患する頻度が高くなります。
さらに喫煙は前述した慢性閉塞性心疾患や狭心症、心筋梗塞などの冠動脈疾患の発症と密接な関係があります。
また受動喫煙と言って、喫煙している人のタバコの煙を吸い込むことは、喫煙者異常に周囲の人の健康に悪影響をもたらします。
このようにタバコは健康に悪いことが分かっているのに、なかなかタバコをやめることはできません。ある報告では自分の意思だけでタバコを止めようとしても、その成功率は5%程度に過ぎないとされています。
一方、禁煙外来に通い、禁煙治療のプログラムを最後まで続けることができた方の、禁煙の成功率は50%近いとされています。タバコを止められないということは、ニコチン依存症という病気であると考えられており、禁煙治療に保険は適用されます。禁煙の治療には内服薬と皮膚に貼る、貼付薬が用いられます。
タバコをどうしても止められないかたは、一人で悩まず是非ご相談ください。

カテゴリー:お知らせ   |   2019年7月24日

ページTOP