肺炎予防に予防接種を

最近、西田敏行さんがテレビでで、「65歳を過ぎたら、肺炎予防」というコマーシャル

をされているのをご覧になられた方も多いと思います。医学の進歩にもかかわらず

肺炎は日本人の死因の第3位であり、なかでも高齢者の死亡率は高く

65歳以上で全体の死亡者の96.6%を占めています。そのため高齢者の肺炎

の原因菌の第1位を占める肺炎球菌に対する免疫をつける肺炎球菌ワクチンの有効性

が認識されてきました。このワクチンは65歳以上のご年配の方や肺気腫、

慢性閉塞性肺疾患などの呼吸器疾患、糖尿病、心不全あるいは

慢性肝炎、肝硬変などの持病をお持ちの方に推奨されています。ワクチンの効果は

5年程度持続するとされています。ただし5年以内のワクチンの再接種は現在のところ

認められておりません。このワクチンはインフルエンザワクチンとセットで接種すると

さらに肺炎の予防効果があるとされています。料金など詳細についてはお問い合わせ

下さい。