風邪に抗生物質は効きません 抗生物質適正使用にご協力お願いします

 最近は少なくなりましたが、いまだに明らかに風邪と思われる症状に

抗生物質の処方を求められる方がおられます。風邪はウイルス疾患であり

抗生物質は効きません。

厚生労働省の抗生物質適正使用の手引にありますように、不適切な抗生物質の使用により

抗生物質の効かない薬剤耐性の細菌が増加しており、肺炎など重症の

感染症にかかったときに、薬剤耐性で抗生物質が充分に効かないと

いうことがすでに現実に起こっています。また抗生物質にも嘔吐や下痢などの副作用が

あり、不必要なものはなるべく体に入れないのが鉄則ですといつも患者さんに説明しています。

 あるデータでは2050年には全世界で約1,000万人が薬剤耐性菌により死亡すると

推計されています。抗生物質の適正使用は我々、医療人のみならず国民の義務

であると考えます。