血圧が急に高くなったときの対処法

 よく高血圧で治療中の方から、血圧が急に高くなったらどうしたら
いいでしょうかと聞かれることがあります。確かに夜中に血圧が180mmHg
ぐらいに高くなると不安になります。そのような場合には、次の日に受診して
下さいと説明しています。血圧が急に上昇する原因には気候の影響、
精神的ストレス、塩分のとりすぎなど多くの原因があるため、患者さんの
お話を聞いて対処方法をアドバイスしています。血圧が高いからと
いって直ちに脳卒中などの有害な事象がおこるわけではありません
ので落ち着いて対処してください。また血圧が高くなった方には患者さん
によっては血圧180mmHg以上のときに服用するよう、血圧を下げる薬を
いくつか渡す場合があります。このときは比較的作用時間の長いタイプの
カルシウム拮抗剤という血管拡張剤をを処方することが多いです。ただしご注意ください、
血圧が高いからといって作用の短いカルシウム拮抗剤は禁物です。血圧はそのとき
は下がりますが、反応性に後で血圧が跳ね上がったり、脈が急に増えたりします
ので高血圧治療ガイドラインでも推奨できないとしています。