ノロウイルス胃腸炎の予防ー患者さんの吐いたものは強い感染性があるー

 最近ノロウイルス胃腸炎がはやっています。ご年配の方で急に食べたものを吐いたり
下痢をした場合にはこの病気を疑う必要があります。小児の下痢、嘔吐もはやっています。
こちらの原因はロタウイルスが多いですが、このウイルスはノロウイルスの親戚のような
ものですので予防法も同じです。これらのウイルスは口から入ってきますので、
まず充分に手を洗うこと、水で30秒間以上充分に洗い流すことは以前述べた
通りです。もうひとつ大事なのは患者さんの吐いたもの、下痢便には大変な感染性がある
ことです。患者さんが嘔吐をして、トイレの便座やカーペットに吐いたものが飛び散った
ものをそのままにしないで下さい。カーペットに飛び散ったものは乾燥すると空気中に舞い上がって、
これを吸い込むと感染の原因となります。このため簡単な環境の消毒のしかたを述べますので
是非実践してください。まず塩素系の漂白剤(キッチンハイターなど)キャップ1杯20mlを
バケツ1杯6Lの水に入れてください。これを環境の消毒に使い、トイレの便座、カーペット
トイレのドアノブなどを消毒してください。ただしトイレのドアノブを消毒したときは、錆びますので
あとで必ず水で拭いてください。また消毒薬は作りおきすると効果が低下するので、使う
直前に作るようにしてください。以上のことをクリニックでノロウイルス胃腸炎の方が来られるたびに
口を酸っぱくして説明しています。ノロウイルス胃腸炎にうつらないためには、手洗いだけでも
充分効果があります。ただ小さい子供や年配の方にはなかなか手洗いが徹底できないため
環境の消毒について充分ご留意ください。