ご年配の方の弁膜症

 最近、高齢化時代の到来とともにご年配の方の心臓弁膜症の手術適応

についていろいろ議論がなされています。心臓弁膜症の中で大動脈弁

狭窄症という病気は外来で診察しているとよく見られる病気です。この病気は

大動脈弁という弁膜が硬くなり、心臓から血液が大動脈弁を通って血液が大動脈に

流れにくくなる疾患で、外来で年配の方に心臓の聴診をして気付くことが多いです。

大動脈弁狭窄症の診断や、重症度の評価には心臓超音波検査が有効です。

この病気で注意すべきことは、症状がないときには経過観察可能ですが

一旦、症状すなわち運動したときの息切れや、気の遠くなるような感じ

が出現すると、状態が急激に増悪したり突然死の原因になったりする

ことです。このような方の治療法としては、内科的にお薬を投与しても

症状の改善されない場合は、外科手術の適応を真剣に考える必要があります。

患者さんの中には、いまさら手術はいやだと言われる方も多いとは思いますが

経過中、一般状態の良いときに手術の適応を考慮することが、今後重要に

なってくると思います。