熱中症にご注意

熱中症は暑さで体から水分と塩分が失われることにより起こる病気です。

熱中症の症状としては、めまい、立ちくらみ、こむら返り、

大量の汗が出る軽症のものから、頭痛、吐き気、体の虚脱感の出る中等症、

呼びかけに対する反応がおかしい、まっすぐ歩けないなどの神経症状や

38度以上の高熱などを認める重症があります。神経症状、高熱がある重症の方は

直ちに救急車搬送をする必要があります。またたとえ中等症であっても

ご自分で口から水分塩分を摂れない方は、医療機関に受診するようにしてください。

熱中症は屋外での運動でも起こりますが、自宅など室内でも発症することがあります。

特にご高齢の方は体温の調節機能が低下しており、エアコンの効いていない

室内で熱中症となり救急搬送されることが多くなっています。ご家族の方は

特にこの時期、お住まいの室温に充分注意ください。