アナフィラキシー -本当に怖いので要注意-

原因となる物質が体内に入ってから短時間で、全身に及ぶ激しいアレルギー反応が起こることを

「アナフィラキシー」と言います。アナフィラキシーをきたすものとして、小児にみられる

食物アレルギーの他に、医薬品によるものも注意する必要があります。

症状としては、医薬品投与後多くの場合は30分以内に、

「皮膚のかゆみ」「じんま疹」「皮膚の紅潮」などの皮膚症状が見られ、

また「腹痛」、「吐き気」、などの消化器症状や、「視覚の異常」、

「声のかすれ」、「息がゼーゼーする」「息苦しさ」などの症状を呈し、

重症例では「血圧低下」や「意識の低下」をきたすことがあります。

アナフィラキシーを起こした人は、全身の血管が拡張しているため、

顔面が紅潮し、他の人には「ゆでダコ」のように見える

ことがあります。アナフィラキシーの出現する頻度は決して

高いとはいえませんが、一旦起こってしまうと生命に危険が

及ぶことがあるため注意が必要です。

アナフィラキシーをきたす医薬品として、CT検査の時に用いる造影剤や抗生物質、

また解熱鎮痛消炎剤などいろいろなものがあります。皆さんも日頃何気なく投与されている、

抗生物質や痛み止めでもアナフィラキシーが起こりうることに十分ご留意ください。また以前に

医薬品で上記のような症状が出たことがある人や、家族で同様の症状が出たことがある方は、

必ず医師に伝えてください。また万が一、医薬品を飲んでこのような症状が起きた場合は、

すみやかに医療機関に連絡し受診してください。治療が遅れると、重症化することが多いので、

息がゼーゼーしたり、息苦しさがあれば迷わず救急車を呼んでください。