循環器内科

現在日本人の死因の第1位はがんなどの悪性新生物ですが、2位と3位は心疾患と脳血管疾患であり、心臓、脳血管疾患は現代人の日常生活に影響を与える非常に重要な問題となっております。

循環器内科ではこのような疾患の診断、治療、予防を行います。

 


狭心症

狭心症では高血圧、脂質代謝異常(高脂血症)、糖尿病などの動脈硬化性疾患を基礎として心臓の栄養血管(冠状動脈)が狭くなり運動時に前胸部の不快感をきたし、安静で症状が改善します。典型的な狭心症は運動により症状がでるため、労作性狭心症といいます。その他、日本人に多いタイプの狭心症として、朝に冠状動脈が痙攣して起こる狭心症があり、異型狭心症と呼ばれています。狭心症はその不快の症状から患者さんの生活の質を低下させ、放置すれば冠状動脈が閉塞し心臓の筋肉が壊死する心筋梗塞や心不全の原因となることがあります。診断にはまず詳細な問診を行い、心電図検査や必要な場合には24時間持続心電図(ホルター心電図)を施行し診断をつけます。治療としてはまず禁煙などの生活指導を行い、亜硝酸剤という血管拡張剤を投与し、さらに上記の動脈硬化性疾患の治療を行います。前述しました冠状動脈の痙攣をきたす異型狭心症にはカルシウム拮抗剤という薬が特効薬となります。心臓カテーテルなどの精査が必要な場合にはご希望の施設に紹介いたします。


心不全

心不全は最近ではリウマチ性心疾患による弁膜症によるものは稀で、ほとんどが高血圧や冠状動脈疾患などが原因となっています。社会の高齢化とともに最近多くなっているのは、ご高齢の方の心不全です。一般的な心不全は心臓の収縮する力が低下することにより起こりますが、高齢者の心不全は心臓が硬くなり、心臓の拡張能が低下することにより起こるとされております。症状は運動したときの息切れや、夕方の足のむくみが典型的です。この病気は放置すればその不快な症状により生活の質が低下し、生命予後に悪影響をきたす可能性があります。治療としては血管拡張剤や利尿剤による心臓の負担の軽減が重要となります。これらの薬剤療法を、積極的に行うことにより患者さんの予後や、心不全悪化による入院の回数を減らすとされております。当院では日本循環器学会の心不全治療ガイドラインに準拠し、循環器専門医としての知識や経験を駆使して、患者さん個々の病状に即した治療を心がけます。